フルオーダーメイドで家を建てるメリットとは

フルオーダーメイドの注文住宅なら細かい部分までこだわって家をデザインすることができます。

使用する素材を細かく設定できる反面、1から全て決めなければいけないので、時間がかかる家づくりでもあります。

尚、細かい部分にこだわって作ると、結果的に予算オーバーになってしまったという事もありえます。

まずは大枠を決めたり、予算内で収まる方法を施工会社に決めてもらった上で、ちょっとずつ希望を提案していく方法もあります。

フルオーダーメードによる注文住宅なら、まず「間取り」、「大きさ」を決めておきましょう。

例えば、4LDKでトイレは1階と2階に設置するなど。

そしてリビングの大きさはどのぐらいが良いかということも決めておきましょう。

次にそのリビングに使用するフローリングはどんな板材を使うのか、壁紙クロスは何を使うのか、といった形で決めていくのがベターです。

例えばフローリングの板材の素材をスギにするのか、ヒノキにするのかなどは後からでも変更がききます。

間取りなどは後から変更が難しくなってしまうので、大枠を決めて、素材選びは後から決める形が望ましいです。

フルオーダーメードによる注文住宅をご希望なら和光住研にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

営業時間:8:00 ~ 18:00
定休日:日曜日