家づくりのキホンは「暑さ対策」?それとも「寒さ対策」?

家の快適性を高める「断熱性能」
外気の影響を受けにくく、室温を一定にキープできるので
省エネに優れ、光熱費の節約にもつながります。
住み心地と直結する重要な役割を持っています。

しかし、断熱性能については、さまざまな意見が集まるところでもあります。
「日本は、温暖な気候なので、断熱はほどほどでよい。」という考え方もあるのです。

これは、昔、家を長持ちさせるために、柱や梁などが露出しており
風通しの良い造りとなっていたためなのでしょう。

「徒然草」で知られる吉田兼好法師は
次のように、自身の考えを記録に残しています。

「家の作りやうは、夏をむねとすべし。冬はいかなる所にも住まる
           暑き比わろき住居は、堪え難きことなり・・・」

(現代訳)家のつくりは、夏を主にするのが良い。
     冬はどんなところにも住むことができる。 
     しかし、暑い季節に建方の劣っている家は我慢ができない。

徒然草の一節からもわかるように、冬の寒さ対策をするよりも
夏の暑さ対策を重視することが、日本が古くから続けてきた
「家づくりのキホン」だったわけです。

鎌倉時代でも、冬の寒さは火を使うことで、ある程度和らげることができました。
ところが、夏の高温多湿な環境は、不快でしかたがない。
庇を長く突き出したり、日差しを遮ったり、風通しを良くしたり
技術のすくない時代に涼を取るには、このような方法しかなかったのですね。

また、高温多湿な環境は、木材にとっても好ましい環境ではありません。
腐朽し、カビのはせる絶好の環境であり、結論は風通しの悪い家は
長持ちしなかったという経験に基づいているのでしょう。

このように、「夏をむねとすべし」という考え方で
家をつくらざるを得なかった、そんな経緯があるのです。

現在の住まいは、技術の進歩とともに進化しています。
プライバシーや耐震性を高めるために壁が増え
省エネ対策のため、断熱材が敷かれるようになっています。

家づくりにも「温故知新」。
あたらしい概念がいくつも生まれて来ているのです。
「和光住研」では、お客様のライフスタイルに合わせた
オーダーメイドの家づくりをご提案しております。
どうぞお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

営業時間:8:00 ~ 18:00
定休日:日曜日