ホンモノの木の素材感を味わう「無垢フローリング」

素足で歩いたり、直接座ったりと、肌に触れる機会が多いことから
テクスチャーが大切なポイントとなる「床材」。

なかでも、フローリングに使われる木の種類はさまざまで
大きくは「広葉樹系」と「針葉樹系」に分けられます。

「広葉樹系」は、手のひらを広げたような平たい葉を持ち
次のような種類があります。

・ナラ
・メープル
・チーク
・ウォールナット
・チェリー

材質は、堅くて重厚感があり
反りや縮みは比較的少ないといわれています。

いっぽうの「針葉樹系」は、針のようにとがった葉が特徴で
材質は柔らかで肌触りがよく、節の多いものは比較的お求めやすい価格となっています。

いずれの木材でも、無垢フローリングとは、1枚モノの無垢材を使った床材のことで
合板で作られた基材の表面に、薄くスライスされた天然木を張った
「複合フローリング」とは明確に区別されています。

無垢ならではの風合いが楽しめるほか
内部に空気を含んでいるため、断熱性があって冬でも暖かいです。
湿気を吸ったり吐いたりする「調湿機能」や適度な弾性があって歩行の感触もよく
根強い人気を誇っています。

しかし、無垢フローリングを採用するにあたっては、ひとつ注意しておきたい点もあります。
それは、湿度や温度の変化によって、反りや割れができやすいという欠点もあることです。

たとえば、電気カーペットをながく使用したり
温風ヒーターを直接当てるのは避けるようにしてください。

当社は、お客様それぞれのライフスタイルに合わせた
オーダーメイドの家づくりを行う工務店です。
耐熱・耐震性を兼ね備えた2×4工法を使い、さまざまなご要望に対応いたします!

お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

営業時間:8:00 ~ 18:00
定休日:日曜日