脱炭素の住まい ~ゼロ・エネルギー・ハウスとは?~

近年、環境問題・気候変動が深刻なテーマとなっているのは
極端な天気による、おそろしい災害状況を見るとわかりますね。
こうした課題をクリアするため、世界的に取り組むカーボンニュートラルは
2050年に実現されるように、それぞれの国が動き始めているところです。


住宅・建築物の分野においても、さらなる省エネ対策がもう始まっています。
住宅を購入・建替えする際にも、エネルギーの効率的な活用が
今までよりも大切になってくるはずです。

現在、省エネ性能の高い住まいとして、代表格のひとつとなっているのが
「ZEH(ぜっち)住宅」です。ゼロ・エネルギー・ハウスを略した名称です。

ZEHは、外壁や窓枠などに、断熱性の高い素材を利用するとともに
省エネ性能に優れた設備を使うことで、エネルギーの消費量を抑える住宅。
さらに、太陽光発電システムなど、創エネ設備を利用し
年間の1次エネルギー消費量を実質「ゼロ」にすることを目指した住宅です。

二酸化炭素の排出を抑えるとともに、暮らす人にも3つのメリットがあります。

【1、経済性】
高い断熱性能や、高効率の設備を使うことで
月々の光熱費を安く抑えることができます。

【2、快適性・健康の向上】
高断熱の家は、室温を一定に保ちやすいので
「夏は涼しく、冬は暖かい」といった快適性があります。
急激な温度変化による「ヒートショック」のリスクを減らす効果もあります。

【3、回復力】
最近は、台風や地震などの自然災害が増えていますので
停電・断水などの生活インフラが止まってしまうケースもあります。
そのようなときでも、電力や水が確保でき、日常生活を早く取り戻すことに役立ちます。

今後、ZEH住宅など、省エネ住宅には、補助制度も用意されています。
上手に活用して、理想の住まいを手に入れていただきたいと思います。

お問い合わせはこちらから


お問い合わせ

営業時間:8:00 ~ 18:00
定休日:日曜日